病気が全快したことをお祝いし、お見舞いに来てくれた方や、
お見舞いを下さった方にお礼の気持ち、全快の報告をかねて贈るのが
「快気祝い」「快気内祝い」
といいます。

快気祝いやお見舞いのお返しの品物を贈る場合には、
いただいた品物の三分の一から半額のものを選ぶのが妥当です。
いただいた金額がまちまちでも商品を一律に贈っても構いません。

会社関係で同じ部署や課などからいただいた場合は
「○○部ご一同様」「○○課御一同様」として贈りましょう。

病気が後に残らないように…という気持ちを込めて、
あとに残らない品物を選びます。

溶けてなくなる…の意味から、
砂糖・石鹸・お菓子類(焼き菓子・チョコレート)などが適しています。
また、洗剤、入浴剤やタオルも「病を水に流す」という意味から、適しています。
ほかには食品では自然食品・昆布・かつおぶし・食用油・乳製品など「健康」をイメージする品が適しています。

お見舞いをしていただいた方へのお返しは、何よりも元気になった姿を見せることがいちばん。正式なお礼のあいさつは、体が本調子に戻り元気になってからにします。また、退院から10日後ぐらいが目安です。


【のしの書き方】

表書きは「快気祝」「快気内祝」「内祝」水引は紅白結び切り、のしつき。
下段に病気をした本人の苗字・名前
 快気祝のし

ただ、現在は、「全快の内祝い」、「お見舞のお礼」ということで品物を贈ることが一般的です。

会社などグループでお見舞いをいただいた場合には、 数の多いお菓子やコーヒー・お茶など全員に行き渡るものがいいと思います。

マナーの最大のポイントは、

「元気になりました。」
「お見舞いただいて嬉しかったです。」
「お忙しいところありがとう御座いました。」

とその後の近況、お見舞いを頂いた時のあなたの喜び、感謝の気持ちを簡単な文面でよいので表すことです。

 

 
 
洗剤の詰め合せセット
クッキーと紅茶のセット