人生の新しい門出を祝う、とても喜ばしいギフトです。
一般的には、家族を中心に、ごく親しい間柄で行いますが、
おめでとうの気持ちをこめて、プレゼントをしてはいかがでしょう
お祝いは、決定後なるべく早く贈る方がよいでしょう。

何を贈る?
入学の場合なら学用品や実用品、就職の場合にはバッグ、ハンカチ
ネクタイなど社会人生活に役立つものをぜひ。
1人暮らしを始める場合には新生活に役立つものが喜ばれます。

いつ贈る?
卒業のお祝いの場合は式の直後に、入学・就職祝いは初出勤の前までに。
卒業と入学が重なる場合は、入学・進学の方にお祝いの重きを置いて、
卒業祝いを省略するのが一般的のようです。

のしは表書き・水引は?
●表書き/御祝・御○○御祝・○○御祝・祝御○○
●水引/紅白蝶結び
進学御祝い

 

お返しで 気をつけることは?
お返しは「内祝」としてお子様の名前で、当日より1週間以内に贈るとよいでしょう。
まずはいただいた直後にお礼を。
就職祝いのお返しは初給料が入ってからでOK。

まずはお礼を3日以内に述べましょう。電話であれ、お礼状であれ「本人が直接」ということが大切です。