■出産内祝いとは、
本来、子供が生まれたことを身内でお祝いする(内祝い)事で、昔は宴の席を設けたり、赤飯をくばったりしていました。
けれど、現在では、出産祝いをもらった人へお返しをさして【内祝い】と呼ぶのが一般的です。お返しのときは、赤ちゃん誕生の報告や名前のお披露目をします。

【店内の様子】

 


石鹸やタオルの セット、洗剤など、実用的な消耗品であったり、食品関連ならお菓子やコーヒーなど日持ちのするものが一般的です。もちろん、お返しは何をいただいてもうれしいものですが、お子さんがいるご家庭にはかわいい商品を、上司や親戚にはこだわりの商品を送っても喜ばれます。最近はカタログギフトを贈る方も多いです。

■贈る時期
出産後お宮参りを終えて1ヶ月から2ヶ月以内にお返しを贈るのが基本です。
内祝いを贈る場合は、子供の名前のお披露目と、お祝いを頂いたお礼のメッセージも忘れずに!


■頂いた金額の3/1〜半額を目安にお返しする
住む地域によって違ってきますが、一般的に頂いたものの1/3〜半額程度のものをお返しします。
あくまでもお礼ですので、あまり金額にこだわらず気持ちのこもったものを贈りましょう。

準備は、早めに・・・・スケジュール

■内祝いの準備は、出産前から
赤ちゃんが生まれてからはパパもママも大忙し。できるだけ妊娠中に内祝いの準備を進めておきましょう。カタログなどで、いろいろな商品を見ているだけでも、時期が来たときに品選びがスムーズです。

出産後 頂いた金額に応じて品選び
赤ちゃんが生まれたら、本格的に内祝い選びを開始。お返しの目安は、頂いた金額の約半分(半返し)。
ただし、高額なお祝いのお返しは1/3程度でも大丈夫。感謝の気持ちを伝えましょう。
(お返しを贈り忘れないように、お祝いを頂いた方のリストを作っておくと良いでしょう。)

産後1ヶ月 贈る時期がきたら
産後約1ヶ月後(お宮参りの頃)贈るのが理想的です。ですが、産後はあわただしかったり、体調もすぐれないこともあるでしょう。
お祝いごとは、延ばしても良いとされているので、生活が落ち着いてから生後2ヶ月以内をめどに贈っても失礼にあたりません。

内祝いを贈るとき、子どもの名前を披露します。
じょういちでは、お子様の名前を入れた、オリジナ商品を数多く取り揃えております。
写真入りの商品も!
お子様の名前と、お顔を披露しましょう。
世界にたった一つの商品です。
お返しに使うのも良いですが、皆様、お子様のお誕生の記念に作られるかたもお見えになります。

お子様の顔写真を
メッセージカードに添えて

名入れスイーツギフト
大人気です。

名前を入れてどうぞ
 

■お子様のお名前をお披露目するメッセージカード

■のしの書き方

出産内祝  
     

  

授乳室有り
オムツ交換台有り
ベビーカー
店内無料貸出し
 

じょういちでは、出産後のお客様も安心して店内をご覧いただけるように、
授乳室 おむつ交換台 ベビーカーの無料貸出等のサービスを行っております。
店内もベビーカーを引きながらごゆっくり店内をご覧いただけるようスペースを広くとってあります。