【香典返しのマナー】

そもそも「香典」とは、線香や抹香の代わりに故人の霊前に供えるお金のこと。
通夜や葬儀の場で遺族に手渡します。その御香典のお礼となるのが香典返し。
「故人の葬儀に関する仏事が滞りなく終わりました」という報告とお礼の意味があります。

香典返しは四十九日(七七日忌)の忌明け(満中陰)の法要が無事終了した後、
忌明けの報告とお礼をかねて行います。
おおよそ「忌明け当日から1ヶ月以内」に香典返しを行うのが一般的です。
忌明けまでに3ヶ月かかる場合や年を越してしまう時などは
三十五日(五七日忌)をもって忌明けとし香典返しを行うケースもあります。

また近年、なるべく早くお返しを済ませたいということで葬儀後、
四十九日法要までに行う方もおられます。

なお、神式では五十日祭の後、キリスト教式では特に決まっておりませんが
1ヵ月後の追悼ミサや召天記念式後に香典返しをされる方が多いです。

 

【品と挨拶状】
香典返しは、香典額の半分から3分の1くらいの品物をお返しするのが一般的です。
直接手渡さずに贈り先様まで宅送なさる場合は、挨拶状(礼状)に返礼品を添えてご挨拶します。
また、香典返しを受けた時は、それに対する礼状は出さないことになっています。



【品物選びのポイント】
香典返しの品には、日用品を選ぶのが無難とされています。
また、お茶やコーヒー、石けんなどの使い切れるものを選ぶのもポイント。
香典返しの代表的な品物にはそれぞれ由来があり、
仏式では仏の世界へ白装束で旅立つとされていることから、タオルや敷パッドなどもよく贈られます。
最近ではカタログギフトも人気があり、予算によって選べるのでとても便利です。

 
タオルケット
タオルセット
コーヒーセット
 

【贈る時の注意点 】
喪主を差出人名にしたあいさつ状を添えて贈ります。喪主以外の遺族が本人の関係者に贈る場合などは、
礼状を別送するかひとこと書き添えて。
誰から届いたものなのか分かるようにしておくと、相手の方にも親切です。

【のし紙】

 
【香典返し】
【一周忌のお返し】