◆初節句は江戸時代からのお祝い
男の赤ちゃんが生まれて、初めて迎えるお節句(五月五日の端午の節句)を、初節句といってお祝いします。
生まれたばかりの赤ちゃんが、じょうぷに、たくましい男性に成長するように、願いを込めてお祝いする行事で、江戸時代から続いているならわしです。

 

◆五月人形を飾るのはなんのため
鎧や兜を飾ることは、武家社会から生まれた風習です。
身の安全を願って神社にお参りするときに、鎧や兜を奉納するしきたりに由来しています。
鎧や兜を"戦の道具"と受け取る考えがありますが、武将にとっては自分の身を護る大切な道具であり、シンボルとしての精神的な意味がある大切な宝物でした。
現在は鎧兜が"身体を守る"ものという意昧が重視され、交通事故や病気から大切な子どもを守ってくれるようにという願いも込めて飾ります。
鰹のぽりは、江戸時代に町人階層から生まれた節旬飾りです。鯉は清流はもちろん、池や沼でも生息することができる、非常に生命力の強い魚です。その鯉が急流をさかのぼり、竜門という滝を登ると竜になって天に登るという中国の伝説にちなみ(登竜門という言葉の由来)子どもがどんな環境にも耐え、立派な人になるようにとの立身出世を願う飾りです。

◆人形は里方が贈る
初節句に飾る五月人形は、お嫁さんの実家から贈るのが普通ですが、現在は、可愛いお孫さんのために両家で折半することもあります。
五月人形は、前述のような意味があるのですから、おじいさんやおばあさんが心を込めて自ら選ぴたいものです。お仲人さんや親戚、友人は、金太郎や桃太郎などの人形や、鯉のぼりを贈るのは一般的です。

 

◆お返しは 一週間以内に
初節句のお返しは、お祝いの日から一週間以内にしたいものです。
お子さまの名前で、端午記念 又は 内祝いとしてください。お返しの品に、お礼の手紙と、赤ちゃんのスナップ写真をつけて贈れば、赤ちゃんの成長ぶりがわかって喜ばれることでしょう。

 

◆飾ったり、かたずけたりは早めに
五月人形や鯉のぽりを飾るのは、少し早めがよいでしょう。
できればお節句の1ヶ月前に、遅くとも一週間前には飾るようにしたいものです。
人形を買ったり、配達してもらう日は大安にこだわる必要はありません。
むしろ混雑する大安の日や日曜祭日を避けるほうが賢明です。
かたずけるのもなるべく早めにしましょう。季節の節目を祝うのも節句の意味です。
瑞午の節句が過ぎてしまうと飾る意義も薄れます。遅くとも五月下旬までに、天気のよい、乾燥した日にかたずけましょう。

 

◆端午の節句の祝い方
本来は、五月五日の節句当日ですが、前の日の晩(宵節句といいます)にお招きしてお祝いしてもよいでしょう。
両家の両親やお祝いをいただいた方、普段親しくしている方たちを招きます。
端午の節句のお祝いは、お母さんの心づくしのごちそうでお祝いしてください。
できるだけ瑞午の節句にちなんだお料理にしたいものです。


◆菖蒲が端午の節句につきもの
端午の節句 と菖蒲は切っても切れないものです。菖蒲は悪鬼を払うといわれ昔から端午の節句に使われています。
家の屋根や軒先にさしたり、お酒にひたして菖蒲酒にして欽んだりします。
また、菖蒲枕といって枕の下にしいたり、お湯の中に入れて菖蒲湯にして入ります。
いずれも身体に悪い気がつくのを防ぐという意味から便われるならわしです。

 

       
五月人形内飾り
選び方のポイント
五月人形外飾り
選び方のポイント
知っておきたい
端午の節句のならわし
知っておきたい
五月人形の保存とお手入れ