中国の伝説に「鯉は竜門という急流を登ると竜になって、天に昇る」という、出世の物語があり、これにちなんで吾が子の立身出世を願う親心が鯉のぼりという形になったと言われています。
また鯉のぼりを立てることは、男児の誕生を天に告げて「吾が子の健やかな成長をお守りください」と願い、人々に後継者ができたことを知らせる目印とされています。
武者絵のぼりは、遠く鎌倉時代の昔から、武門の誉れを誇示し、家の繁栄を願う印でした。

今では、戦国時代の名将にちなみ、強くたくましく育ってほしいとの親の願いを込めて、鯉のぼり同様に立てられるようになりました。


鯉のぼり武者絵のぼりも大きさサイズから、近年では、
マンションのベランダや戸口など、場所も選ばずに立てられるベランダセットが考案されています。
また、室内に飾れる鯉のぼりセットも作られています。
豪華な金箔や雨を寄せ付けない、撥水加工を施した製品など多種多様です。
お値段も、ピンからキリと幅が広く、品揃えも豊富なじょういちで、
よく見比べてから決められるのが良いでしょう。

   
 
   
 
【鯉のぼり】
【武者絵のぼり】
【ベランダ用 鯉のぼり】
 
 

       
五月人形内飾り
選び方のポイント
五月人形外飾り
選び方のポイント
知っておきたい
端午の節句のならわし
知っておきたい
五月人形の保存とお手入れ