・五月人形はいつ頃買うのがお得でしょうか?
お店の雛人形の陳列から五月人形の陳列に並べ替えるのが2月下旬から3月初旬にかけてですので、
五月人形が出揃う3月初旬から4月初旬にかけて、購入するのがよいでしょう。
又、お店によっては、年内予約セール早期予約セールなど、
特典が付いているセールがありますので、早めに予約しておきましょう。

五月人形は手づくりのため、数量に限りがあります。
特に、人気の良い作品ほど、品切れになりますので、早めの購入をおススメします。

・五月人形を選ぶポイントを教えてください。
お店に向かう前に、大まかな予算を決めておくのもひとつ方法です。
売り場には、ピンからキリまでさまざまな五月人形が陳列されています。
ほとんどの方は、どこを見て選んだらよいか迷ってしまいます。

五月人形は小さいから安く、大きいから高いとは限りません。
ちょっと見ただけでは、さほど違いがないように見えます。
使われている威し糸、金具、材質や制作する作者の技量や工程により、
その趣もお値段も変わってきます。
自分の感性やお部屋のスペースまた、飾る場所の雰囲気に合わせてお選びいただくのが良いでしょう。

・五月人形はいつ頃から飾るのでしょうか?
初節句の五月人形は春分の日(3月21日)頃から4月中旬までには、お飾りください。
もちろん、それよりも早く飾られても何ら差し支えありません。
早めから飾って楽しめる期間をより長くとるのがポイントです。

 

子供大将段飾りセット

永年にわたり親しまれ飾られたセットです。
近年では、住宅事情や転勤などの関係で
鎧や兜の平段飾りセットに人気が移っていますが、
伝統的な五月飾りです。

大きさは、間口90cm、10万円前後〜上は30万円以上までいろいろです。

子供大将

 
 

兜平飾り

一番人気のセットが、兜飾りです。
間口60cmくらいの大きさから間口120cmくらいまでと、実にさまざまです。
兜も安く見栄えによいものから、
重厚で手の込んだ作品までいろいろです。

価格は7万円前後〜40万円以上の作品まであります。
じょういちでは、予算と好みに応じて、
兜と台の組み替えをいたしております。

兜平飾り
   ※写真は兜平飾りセットです

 
 

鎧平飾り

鎧は武将としての威嚇を示すシンボルで重厚感が魅力です。
近年では、狭い場所にも飾られるように小型化した作品が創られるようになりました。
間口70cm前後から間口120cm前後と、そのサイズもいろいろです。価格は10万円前後ぁら40万円以上の作品もあります。

鎧平飾り
   ※写真は平飾りセットです。
 
 

収納式兜飾りセット

収納する箱を台にして飾る収納タイプは、
発売以来、人気急上昇中です。
大きさも間口45cm前後から65cm前後とコンパクトに
まとめられ、特にマンションなど比較的狭いお部屋にもかっこよく飾れます。

6万円前後〜20万円前後のご予算です。
何よりも、収納箱の中に、兜・屏風・弓・太刀など
一式全部を納めてしまえるので、保管場所に困りません。

収納式兜飾りセット

 

 
 

五月人形ケース飾り

ガラスケースに入った兜や子供大将飾りです。
中の兜や弓太刀などが動かないように接着してありますので、ガラスケースごと取り出してそのまま飾れます。

間口45cm位のミニサイズ、4万円前後〜間口90cm 12万円前後とサイズも豊富です。
ガラスケースは分解できませんのでケースそのままの大きさの収納スペースが必要です。

ケース飾り

 

 

       
五月人形内飾り
選び方のポイント
五月人形外飾り
選び方のポイント
知っておきたい
端午の節句のならわし
知っておきたい
五月人形の保存とお手入れ

五月人形