ひな祭りを毎年楽しむには、人形の保管に注意することが大切です。
大事な人形にムシがついたり、形くずれがあるとせっかくのムードも台なしになってしまいます。
 

★ホコリが付かないように注意
人形をしまう時には、空気の乾燥した日を選んで、羽根バタキでやさしくホコリを払い落とします。
細かい部分は筆を使うとよいでしょう。
箱の中にしまう時は、柔らかい布や紙でそっと包んで、ホコリやチリから守ってあげましょう。
人形を包む時に、手や指で直接人形の顔に触れると脂がつき、そこにシミがつきやすくなるので注意しましよう。

★形くずれを防ぎましょう
布や紙で人形を包む時には、強く包まないようにしましょう。
形くずれの原因になります。
衣裳着人形は、たもとのふくらみがつぶれないように、袖口に薄紙をいれます。
人形を箱の中に納める時は、中でぶつかり合わないように、
すき問に新聞紙などをほどよい強さで詰めます。
人形を一体ずつポリ袋に入れて密封するとよいでしょう。虫喰いの予防になります。

 

★保管場所は湿気のないところ
箱に納めた人形は涅気のないところにしまいます。
納戸や押入れの上段、あるいは天袋など家の中の高い揚所に保管します。
湿気は人形の敵です。湿度が高いところにしまっておくと
顔や衣裳にカビがつきシミになったり衣裳が変色したりすることがあります。

  ★乾燥しすぎも大敵
湿気は人形の敵ですが、かといって乾燥し過ぎるのも良くありません。
乾燥し過ぎると顔にヒビが入ったりする揚合があります。
時々、通風を良くしてやると良いでしょう。
乾燥は、人形を飾る時にも注意が必要です。直射日光が当たる場所は避けて飾ってください。
衣裳が変色したり、傷んだりする原因になります。
  ★防虫剤の使い方の注意
人形の保存に適している防虫剤はナフタリンを原科にしているものです。
人形専門店で販売しているものを使用すれば安心です。
バラジクロル製剤やしょうのう製剤など、他の防虫剤と併用することはやめましょう。
また、前回使用した防虫剤と別系統のものを使用するのも避けて、
毎年同じ種類の防虫剤を使用してください。
防虫剤は使用法を確かめて、適量を直接人形に触れないように箱の中に入れましょう。
  ★年一回は虫干しを忘れずに
天気がよく空気が乾燥している十月頃に、虫干しをして風に当ててあげて下さい。
このときも直射日光に当てることは避けてください。
再度収納するときには、羽根バタキなどでよくホコリを払ってからしまいましょう。