結婚祝いのギフトは、結婚式に出席する場合はご祝儀とは別に、「おめでとう」の気持ちを込めて何か贈り物をしたり、結婚式に出席できなかった場合は、代わりにお祝いの気持ちを贈るギフトです。
一生に一度のお二人の門出を祝うギフトなので、お二人に喜ばれるとっておきのギフトをえらびましょう。

■贈る時期
一般的に結婚の知らせや披露宴の招待状を受けてから、挙式の1週間前までに届けるのが一般的です。結婚を知らなかった場合は、挙式の後でもかまいません。

又、お祝いの品を直接渡さず、宅配などで直送する場合は、お祝いのメッセージをつける喜ばれます。

目上の方や親戚には、挙式前の吉日の午前中に持参するのが正式ですが、挙式までにお祝いが間に合わないときは、新郎新婦が新居に落ち着いてから必要な品を聞いて贈ると喜ばれます。

■贈る商品
結婚祝いで選ぶギフトは、他の方と同じものがかぶったりしないよう、新郎新婦に希望の品を聞いてあげるのが賢明です。お祝いの品として人気があるのは、ペアのコーヒーカップや食器、インテリア雑貨など。

又、友人同士で出し合えば、高価な贈り物もできます。
聞ける間柄であれば、必要なものを聞いてから、贈るのが良いでしょう。

じょういちでは、こういった贈り物にプラスして、サプライズでちょっとかわいいキッチングッズの詰め合わせなど重なっても喜ばれる商品もよく売れています。

 
ペアカップ
フォトスタンド
ワッフルメーカー
  

■のしの書き方

水引の結び方には一度結んだらほどけない「結びきり」と、ほどいて何度も結ぶことのできる結び方の「蝶結び」があります。[結びきり]は結婚、お悔やみごとのように二度とくり返してはいけないことに使い、「蝶結び」は何度もくり返してよい一般 的な祝い事に使います。

のしの表書きは、お祝 結婚祝い 寿 と書きます。
下の部分には、名前(苗字)を書きます。複数の方でお祝を出す場合は、連名で書きます。 

結婚祝い
 
       
 

 

 

 

 


■内祝いって、どういうこと?
結婚のお祝いをいただいた場合にお返しを贈ることを内祝いといいます。披露宴に招待した場合は、引き出物が内祝いのお返しとなりますが、高額なお祝い頂いた場合は、別にお礼として贈ると良いでしょう。

■贈る時期
結婚式の後1ケ月以内にお返しを贈るのが基本です。
本来は二人で直接持参するのが正しいマナーですが、最近は、宅配などで発送するのが一般的です。また親しい友人なら新居に招いておもてなしをするのもよいでしょう。

又、内祝いを贈る場合は、お礼状など、お礼のメッセ-ジも忘れずに!

■お返しのマナー
お返しの贈り忘れがないように、リストを作っておくことをおすすめします。
いただいたお祝いの金額や品物、氏名、住所をリストにします。
また何をお返しに贈ったのかもわかるようにしておくとよいでしょう。

■頂いた金額の3/1〜半額を目安にお返しする
住む地域によって違ってきますが、一般的に頂いたものの1/3〜半額程度のものをお返しします。
披露宴に出席していただき、引き出物を内祝いとして贈られる場合もあります。

■品物選びのポイント
定番商品は、タオル・食器・石鹸・靴下・陶器類など。
例えば、縁が壊れるという意味をもつ刃物や洗い流すという意味で洗剤などは は贈らないほうが、良いでしょう。
また、3品や5品など割り切れない奇数の品数のものを贈るというのもマナーの一つです。

贈る相手によって商品を変えたり、お二人の名前の入った、オリジナルの商品を作る事もできます
最近では、カタログギフトを利用される方も多いです。好きなものを選んでもらうのも、喜ばれるギフトです。

 

じょういちでは、引き物の商品から、内祝いの商品まで、数多く取り揃えております。
オリジナルののしや、お礼のメッセージカード等もご用意させていただいております。

 
コットンタオル
花かつおセット
カタログギフト
  

■のしの書き方
「内祝」「寿」「結婚内祝」
のしをつけ、水引は金銀または紅白の結びきり。のし下段には両家の姓を書きますが、最近では新郎新婦の名前のみを並べて書くのが一般的になっています。
 

結婚内祝い