初節句のお祝いは江戸時代から
女の子の赤ちゃんが生まれて、初めて迎えるお節句(三月三日のひな祭り)を、初節句といってお祝いします。
生まれたばかりの赤ちゃんが、健やかに育つように願いをこめてお祝いする行事で、
江戸時代から統いているならわしです。
 
  ひな祭りの祝い方
本来はひな祭りの当日ですが、前の晩(宵節句といいます)にお招きしてお祝いするのもよいでしょう。
両家の両親やお祝いをいただいた方、普段親しくしている方たちを招きます。
ひな祭りのお祝いは、お母さんの心づくしのごちそうでお祝いしてください。
ひな祭りのごちそうは、お寿司とはまぐりのお吸い物がつきものです。
はまぐりは、他のはまぐりのフタとは絶対に合わないところから、女性の貞節を教える意味で使われます。
また、お寿司が好まれるのは、ちょうど新鮮な春の魚介類が出回るため、季節感を味わうのによいからです。
 
  一ひな人形はなぜ飾る一
ひな祭りの原形は、平安時代のお人形(ひいな)遊びと、簡素な人形(ひとがた)に自分の厄や災いを移して川や海に流した流しびなの行事が結びついたものです。
ですから、ひな人形を飾ることは、ひな人形が身代わりとなってくれて、
その子に災いがふりかからないようにとの願いをこめて飾るものです。
 
  人形は里方が贈る
古くは嫁入り道具のヒナ型として婚家へ贈ったという歴史もありますから、お嫁さんの実家から贈るのが一般的です。
また、ひな人形には前述のような意味がありますから、
おじいさんやおばあさんが心を込めて選んで贈るのがよりふさわしいでしょう。
お仲人さんや親戚、友人は、ケースに入ったわらべ人形、御所人形、市松人形を贈ることが一般的です。
 
  お返しは一週間以内に
初節句のお祝いをいただいたら、初ひな記念 又は内祝いとして、お子さんの名前でお返ししましょう。
お礼の手紙に、赤ちゃんのスナップ写真をつけて贈るのも成長ぶりがわかって喜ばれるでしょう。
お祝いをいただいた方たちをお祝いの席に招待できれば、お返しの必要はありません。
 
  飾るのも、かたづけるのも早めに
ひな人形を飾るのは、立春(二月四日)頃から二月中旬にかけて、
遅くともひな祭りの一週間前までには飾りたいものです。
かたずけるのもなるべく早めにし、遅くとも三月中頃までにかたずけましょう。
天気がよく、乾燥した日にしまうのがポイントです。